ホーム > タグ > ヴュー ドゥ シー

ヴュー ドゥ シー

2011シルモレポートvol.6 今回も想像以上に素晴らしいVue dc

vuedc21

今回のシルモでノミネート2部門もノミネートされていたVue dc。

vuedce1

今回、ノミネートされたフレーム。実際に掛けるのは難しいかもしれませんが、
曲線は、本当にキレイです。置き物として置いておきたくなってしまうくらいに
きれいな曲線を描きます。

vuedc3

こちらは、ボリュームのある新作フレーム。立体的なカットの入れ方が、
ウマイいです。他では見ないような独自の世界観がステキです。
Vue dc のデザインは、自分が似合うか似合わないかを抜きにしても、
トライして見たくなるデザインです。

vuedc4

少し丸みのあるデザインと大きめなフォルムが、80’sの感じがします。
色使いにもセンスが大アリです。

vuedc51

YolandeとChristianの夫妻。
もともと、アラン・ミクリでプロトタイプの製造に携わっていた二人。
アラン・ミクリの成功の裏側で、この二人も相当貢献していたことは、
間違いないはずです。 今は、メガネ業界を一度リタイヤした二人ですが、
自分たちの趣味というか老後のライフワークとしてVue dc のコレクションを
作っています。

また今回、奥様のChristianが、別に”Chris M LUNETTES”という新しいコレクション
もはじめました。

これにも本当にビックリしました。

やっぱり、自分に似合うか分からないですが、掛けたくなってしまいます。

vuedc6

このスクエアの極太なリムは、強いインパクトがあります。
ブリッジの内側のプラスチックの曲線はキレイ過ぎです。
メガネ好きの方であれば、思わず手を伸ばしたくなるデザインです!

vuedc71

メタルとプラスチックのコンビが、たまらないです。
もちろんオーダーをつけていますが、入荷はもうちょっとかかります。
楽しみにしていてください!

Vue dc(ヴュー ドゥ シー)

眼鏡業界に長くたずさわった友達、YolandeとChristian, Fredericの3人が、
立ち上げたフランスのブランド。
彼らの情熱は、1930年、40年代の美しいモノへ向けられる。
それは、メガネがまだ職人の”手”によって作られた時代でもあった。
彼らが再び原点に返って作られたコレクションには、幾十年もの眼鏡の歴史と
叡智がたくさん詰まっています。

* ご質問、在庫確認などお気軽にお問い合わせください。(クリック↓)

ブリンク青山本店へメールでお問い合わせする shop@blinc.co.jp

*気に入ったらお友達にご紹介してください。(クリック↓)
ブリンク青山本店のブログを友達に紹介する

ブリンク青山本店

blinc-aoyama-blog11 blinc-aoyama-blog31

Copyright © 2010 Nacasa & Partners Inc.
address: 東京都港区南青山2-27-20 植村ビル1F  [アクセス 地図のページへ]
tel.:03-5775-7525 open:11:00〜20:00
close:月曜日(※祝日は営業、その際は火曜振替休業)
email: shop@blinc.co.jp

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム > タグ > ヴュー ドゥ シー

Bucknumber

ページのトップに戻る