ホーム

青山にあるメガネのセレクトショップ(眼鏡屋) blinc(ブリンク)

【ラーク】魅力的な色と柄をもったアイテムのご紹介

larke2
以前、blinc beautyでもご紹介しました新ブランドLARKE(ラーク)。今回は、このブランドの“色と柄”についてご紹介します。

LARKE(ラーク) VEDA col.Ink ¥54,000(税込)
ブルーとブラックのパターンが新鮮なアイテム。深みのあるカラーに思わず吸い込まれそうな魅力を感じます。

続きを読む



  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

【モスコット】抑えておきたい、定番モデル

moscot2

MOSCOT(モスコット) Lemtosh BLK ¥24,840

MOSCOT(モスコット) Cliptosh GLD ¥7,560

続きを読む



  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

【セリマ・オプティーク】N.Yの人気エリア SOHO & NOHO のこだわりショップ

new_site

selima17

ニューヨーク、SOHO。セリマ・オプティークのNY本店は、1993年にメインエリアから少し離れたWooster streetにオープンしました。

センスのいいブティックやカフェが立ち並ぶこのエリア、最近だとCELINEがオープンして話題になっています。赤い壁にたくさんの額縁がアンティークな雰囲気の店内にはセリマのコレクションはもちろん、ヴィンテージのアイウェアもたっぷり。流行を追わず、自分たちがその時いいと思ったものを発信しています。

続きを読む



  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

【アクティヴィスト アイウェア】スポーツアイウェアとは断言出来ない理由

acv11

Activist Eyewear(アクティヴィスト アイウェア)SHACKLETON(SUN) col.01 ¥ 45,360(税込)
自転車を愛するコミュニティーに向けて生まれたブランドActvist Eyewear(アクティヴィストアイウェア)。
“クラシックなスタイルと高性能”をコンセプトとしているこのブランドは、単にスポーツアイウェアとは断言できない魅力があります。

続きを読む



  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

「古き良きアメリカ」な、眼鏡。

new_site

tart_mos_shuron1
僕たちが好きなアメリカのファッション、音楽、カルチャー。そのルーツは1950年代のアメリカに産まれたものが殆どです。

経済が大きく成長し、物の実用性だけでなくデザインにも注目が集まり始めた時代です。
リーバイスの501xx、白無地のTシャツやボーリングシャツなど、今でもファンが多いアイテムばかり。

当時、まだ眼鏡はファッションアイテムとしてではなく視力矯正のための道具として捉えられていましたが、その野暮ったい飾り過ぎないデザインこそ当時の眼鏡の大きな魅力の一つ。

今回は、そんな「フィフティーズ」の空気を感じさせるアイウェアをご紹介します!!

続きを読む



  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム

Bucknumber

ページのトップに戻る