ホーム > サヴィル ロウ/SAVILE ROW > ロンドンの歴史ある工房、アルガ ワークスで作られる”サヴィル ロウ” 。

ロンドンの歴史ある工房、アルガ ワークスで作られる”サヴィル ロウ” 。

savilerow_blog

SAVILE ROW “サヴィルロウ” は、ロンドンの歴史ある工房Algha Works (アルガ ワークス)で作られているカスタムオーダーの眼鏡。 特徴ある”丸メガネ”は、ジョン・レノンやエリック・クラプトン、 ショーン・コネリーも愛用することでも知られています。 ” Be Spoke=あつらえる眼鏡 Algha Works のコレクション”サヴィル ロウ” は、1本1本がハンドメイド。 その人の顔に合ったパーツをサンプルの中から選び、フロントやテンプルの仕様、 カラー選び、セル巻きをオプションで追加するなど、カスタムオーダーが可能な ” ビスポーク=あつらえる” 眼鏡。 e382a2e383abe382ace383afe383bce382afe382b9

Algha Works (アルガ ワークス)の歴史

Algha Worksの歴史は古く、1932年に始まりました。 40年代に入るとイギリスのNHS(国営医療保険制度)が誕生し、 デザインや素材の品質、価格などの規制を課せられました。 そのことは、工場の技術向上に役立ちました。 そして、50年代〜70年代初期までは、NHSから安定的な大量受注を受け、 400バリエーション以上のメガネをNHS向けに生産していました。

80年代に入ると、大きな転換期を迎えます。 イギリス政府が、NHSからのメガネの無償提供を廃止しました。 その制度の廃止により、経営状態が悪くなり、 伝統的な工房を保護する意味も込めて、アメリカのアメリカンオプチカル社 に買収されました。

アメリカンオプチカル社から、1988年にAlgha Worksの技術の結晶を ブランド化して売り出すということで、”SAVIRE ROW(サヴィル ロウ)” が誕生しました。

1996年にアメリカンオプチカル社も、経営状態が悪くなり、Algha Worksを 手放すことになりました。また、歴史のある工房を救おうと今度はイギリス の眼鏡の会社が、本国へと買い戻しました。

そして、Algha Worksは、再び小さな工房として再スタートし、 ”SAVIRE ROW(サヴィル ロウ)”というブランド名のまま続けています。 ” ROLLED GOLD” とは? rolled-gold

Algha Worksには、今も変わっていない“ROLLED GOLD”と呼ばれる 伝統的な製法があります。通常、ゴールドのメガネには、24金は柔らか 過ぎる為に使用出来ません。通常の眼鏡フレームは、金属を混ぜて14金や 18金で作るか、金のメッキ加工を施します。 “ROLLED GOLD”とは、宝飾業界から生まれ、24金の輝き方を保ちつつ、 しっかりと耐久性にも優れています。それは、3層から成り、“合金の芯” の回りに8から10ミクロンの“14金”を巻きます。 その上に6回、“24金のコーティング”をして0.5ミクロンの24金の層を作るのです。 それにより、ゴールドは一体化して、曲げた時も合金の芯に沿ってゴールドも曲がり、 より安定感が得られます。

3層からなるROLLED GOLDは、かなり太めの棒状から、細いワイヤー上にします。 (棒状の時は、直径75mmで長さ400mmくらいになります。)

カラーは4色あり、ゴールドとゴールドマット、シルバーとシルバーマットです。 シルバー系2色とも、“ROLLED GOLD”の製法で、一番外側の部分に24金の層 の代わりにロジウム(プラチナ仕上げ)を使用しています。

savilerow-releace-bb2

“サヴィル ロウ”の愛用者

サヴィル ロウのコレクションの愛用者は、ジョン・レノンやエリック・クラプトン 、ション・コネリー、エルトン・ジョンをはじめ数多く名を連ねています。 映画では“インディジョーンズ”のハリソン・フォードや“ハリー・ポッター”の 主人公ダニエル・ジェイコブ・ラドクリフによって着用されました。

歴史ある工房で、あなただけの1本を” あつらえて” みませんか?

関連する投稿



ホーム > サヴィル ロウ/SAVILE ROW > ロンドンの歴史ある工房、アルガ ワークスで作られる”サヴィル ロウ” 。

Bucknumber

ページのトップに戻る